面倒くさい…」なんて言っていられない!セックス の9つのベネフィット

こんにちは、アモーレ大学国際男女関係学部のおちさぎりです。

恋愛、結婚そしてパートナーシップを考えたとき 2人の関係で特別なスパイスになるのが ラブライフ(セクシャルライル)。

そして単に「興味がない」という若者(いわゆる草食化)

も増えていると耳にしていて

けれど、近年

忙しすぎるスケジュールで時間がない…

お仕事でのプレッシャーでそれどころじゃない…

疲れているからセックス より睡眠…

妊娠出産をきっかけに「やる気ゼロ」…

パートナーシップそしてラブライフの専門家として 遠くバルセロナから 本気で心配しているわたくしです。

前回のコラムでもお話したとおり セックス は究極のそして親密なコミュニケーションの方法。

今日は、 疲れているからと後回しにしたり 面倒臭いと億劫になっているあなたに ぜひいい意味でハッとしていただけるよう セックス の素晴らしいベネフィットについて お話したいと思います。

このコラムを読んでくださったあなたは もう「面倒くさい」「疲れているから」なんて 言っていられなくなるはず(ぜひそうなっていただきたい♡)。

それでは参りましょう。

1. 免疫能力のアップ

たくさんあるベネフィットの中の1つが、免疫能力のアップです。

その理由は、セックス をすることによって、アンチエイジングにとても有効と言われているホルモンDHEA(デヒデロエピアンドロステロン)がたくさん分泌されるから。

なんと、通常の場合に比べて、セックス の間は分泌量が5倍にもなる!と言われています。

2. ポジティブな気持ちになる

この若返りホルモンDHEAだけでなく、性的な関係の間には、脳から快感を感じたり、健康的な状態にしてくれる物質が分泌されます。

セックス の間には、セロトニンやエンドルフィンという「幸せホルモン」と呼ばれる物質も分泌されるので、ポジティブな気持ちにしてくれるのです。

アメリカの研究者によると、朝にセックス をする人はしない人に比べて、1日中ポジティブな思考と態度でいられるとか♡

3. 若返り効果

前述のとおり、セックス をすることでアンチエイジングにいいホルモンが分泌されたり、幸せな気分になるホルモンが分泌されるので、見た目も心も若返ります。

そのためには、「適度」な回数でセックス を楽しむことが大切なのですが、回数ばかりを追いかけてもだめ。

量より質!を大切にセックス を楽しみましょう。

4. ナイスバディになる?

セックス はスポーツ!なんて言われることも。

もちろんその内容にもよりますが、30分ほどのセックス で100カロリーくらい燃焼できるそう。

そして色々な体位を試すことで、普段使わない筋肉を動かすこともできるので、ちょっとした筋トレ効果もあり。

ただ、いきなり普段使わない筋肉を酷使するのはお勧めできませんので(笑)ご自分の体と相談しながら、無理のない範囲で楽しみましょう。

5. 痛みの軽減

幸せホルモンの1つのエンドルフィンという脳内物質は、脳内モルヒネとも言われるもの。

つまり、痛みを軽減させてくれる効果があるのです。

筋肉や首の痛みが、セックス をすることで軽減したという研究もあるそう。また、セックス にアクティブな女性の場合には生理痛が軽減されるという報告も。

凝りや痛みを感じている場合(あなたがもしくはパートナーが)は、優しいマッサージからスタートして、セックス をすることでも、楽しく幸せな凝りや痛みが解消できるなんて、薬いらず!整体いらず!になれるかも。

6. 自己肯定感がアップする

大切な人に愛されているという気持ち 魅力的な女性として扱われていること 男性として女性を満足させられること 女性として男性を満足させられること

は、あなた自身との居心地を最高によくしてくれる大切なエッセンスです。

自己肯定感アップに絶対的に必要なのは 「まずは自分自身で」自分を認めたり、ポジティブに評価することですが やはり周囲の人(特に大切な人)からポジティブに評価されている 認められているというのは、自己肯定感アップに直結します。

7. お肌ツヤツヤ効果

セックス は有酸素運動なので、お肌のターンオーバーにもとてもポジティブに関係しています。 酸素の巡りがアップして、血液と栄養がお肌の隅々まで行き渡り、新しい皮膚細胞の生成を助けてくれます。

健康的でツヤのあるお肌は女性の最高の魅力の1つです。

最近お肌に元気がないかな…と感じるあなたが もし最近セックスご無沙汰中でいらっしゃるのなら みずみずしく美しいお肌のためにもぜひセックスを♡

8. ストレス軽減

会社や人間関係でストレスを感じていたり、子育てで手いっぱいでストレスを感じていたり。 個人差はあれど、日々ストレスにさらされている現代人。

ストレスを抱えているから、セックス どころじゃない! なんて思っているあなたはちょっと待った!

なんと、セックス にはストレスを軽減してくれる効果もあるのです。

それは、セックス の間に、肌を重ねたり、お互いの肌を優しくタッチしたりすることで、ストレスホルモンとして知られる「コルチゾール」の分泌が抑えられるから。

さぁ、これでもうストレスはセックス をしない理由にはなりませんね。

ストレスを感じているからこそ、セックス をすることで心が軽やかになるのです。

9. よく眠れるようになる

とても気持ちのいいセックス をしたあと、ぐっすり眠れた経験はあなたにもあるはず。

これは、セックス後の適度な疲労感もあるのですが、メラトニンという深い眠りにつくために必要なホルモンの分泌を促してくれるから。

心配事やストレスがある時に、疲れているのに目が冴えてしまって 眠れなくなること、ありますよね。

そんな時はぜひ、愛するパートナーとの気持ち良いセックス でテンションをリリースして、安心して心地よい眠りにつきましょう。

(まとめ)
いかがでしたでしょうか。
セックス をすることで得られる9つのベネフィット。
きっとコラムを読む前のあなたと今のあなたでは、セックス に対する気持ちが少し変わったのではないでしょうか。

私たちの見えないところ(脳内や体内)で、こんなにも たくさんのベネフィットをもたらしてくれるセックス 。 もちろん、毎日は無理!

今日は本当にクタクタで睡眠を優先させたい! という日があってもいいと思います。

それと同時に、「すればいい」というものではないことも お分かりいただけるのではないでしょうか。

どんなにセックス の快感が、幸せホルモンやストレス軽減ホルモンを 分泌させてくれるものであっても セックスそのものが苦痛であったり、ストレスを感じるものである場合 ベネフィットも台無し!になってしまいます。

セックス は親密で特別なコミュニケーション。 もしも、嫌なことや、もっとこうして欲しいことなどがあるときは 恥ずかしいと自分の中に閉じ込めてしまわず 大切なパートナーに打ち明けて、ぜひ2人で最高のセックス を叶えてくださいね。

メッセージにてお悩み相談も受付中。

ラブライフをテーマに配信しているLINE@は、こちらからぜひお友達に追加してくださいね。お友達限定のお得な情報も配信しています。

https://goo.gl/SuhNRT

執筆:ラブコーチ おちさぎり
自分らしく幸せなパートナーシップを叶えるために自己肯定感とコミュニケーション(ラブライフを含む)にフォーカスしたサポートをしています。
ヨーロッパで一番実績のある不妊治療クリニックで300名以上の女性をケアした経験と知識を生かし「オトナの女性の性教育」をウェビナーなどで配信。

オトナの女性は絶対に知っておきたいカラダのことはもちろん女性がカラダへのコンプレックスを解消し、自分を丸ごと大切にする気持ちを育て豊かなラブライフ&幸せなパートナーシップを叶えるためのオンラインコンテンツもまもなく配信予定。

【公式ウェブサイト】https://sagiriochi.com/

【公式ブログ】https://sagiriochi.com/blog/

【無料ニュースレター登録】https://sagiriochi.com/newsletter/

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト情報をキャッチ

Push7でプッシュ通知を受け取る:


FeedlyでRSS購読をする:

SNS:
     

プッシュ通知やRSSについてはこちらをご覧下さい

アモーレ大学記事ランキング

最近チェックした記事

まだありません

QRコード

このQRコードで当サイトTOPページが見れます

アーカイブ

最近のコメント

    2019年7月
    « 6月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
    ページ上部へ戻る