予期せぬ別れを軽やかに乗り越える6つのヒント

こんにちは、アモーレ大学 国際男女関係学部 教授のおちさぎりです。

幸せな恋愛や結婚をして、パートナーシップを深めて行くのはもちろん大切なことで素敵なことだけれど、それと同時にほとんどの人が経験したことのある「別れ」。

きっと、「別れ」という言葉を目にして、胸がちくっとするような、別れのエピソードを思い出された方もいらっしゃると思います。

予期せぬ別れもできるだけ軽やかに乗り越えられるように、そしてもしも、この瞬間に別れの痛みからどう立ち直ればいいか悩んでいる方がいらしたら、少しでも元気をお届けできるようなきっかけになれば嬉しいです。

今日はそのための6つのヒントをご紹介します。

 

ちょっと待った!自分で大げさにしていませんか?

予期せぬ別れがやってきたとき。

痛みを感じるのはもちろんですし、「お先真っ暗!!」と感じた経験はありませんか?

パートナーとうまくいっていると思っていたときに訪れた別れこそ、そのダメージは大きいもの。

 

私には「全然」魅力がないんじゃないか

「もう2度」とこんな素敵な人には会えないかも

 

もし、こんな言葉が頭をよぎっていたら、ちょっと待った!

予期せぬ別れは確かに辛いけれど、あなたの中でその別れを大げさなものにして

自分の価値や可能性にダメージを与えてしまっていませんか?

 

私には全然魅力がないんじゃないか

 まさか!予期せぬ別れという形になってしまいましたが、あなたには

素敵なパートナーがいたのです!ですから絶対にあなたは魅力的な人。

さらに魅力アップをするためには、まずは自分の魅力に自分で気づき信じることが大切。

 

もう2度とこんな素敵な人には会えないかも

 できない、できないと思っていると、それが言葉になり、行動になり、現実になってしまうと言われています。現に、あなたには素敵な人に出会った「実績」があるのですから、次はどんな素敵な人に出会いたいかにエネルギーを注いでみましょう。

 

突然の別れを、自分の中で不必要にドラマチックにしないことが、軽やかに乗り越えるための大切な下準備です。

 

悲しいけれど現実を受け入れること

悲しいし苦しいけれど、いつまでもその現実を受け入れられないでいたり、

「時間が経てば、戻ってきてくれるかもしれない」と、根拠のない期待をしていることは、とても苦しいしもったいないこと。

思い出してみてください。

きっとこれまでにも、別れを乗り越えた経験があるはず。

もしもないのでしたら、これまでに一番大変だったことを思い出してみてください。

その経験を乗り越えて、成長して今のあなたがいるはずです。

難しいこと、苦しいことは私たちを大きく成長させてくれるチャンス!

今は悲しくても、辛くても、あなたに必要な時間をかけて自分の力で必ず立ち直ることができます。

そのためにはまず、起きてしまった事実を現実として受け入れることが大切です。

 

辛い苦しい憎たらしい!居心地の悪い感情を吐き出そう!

一般的に「ネガティブ」と言われている感情を、表に出すことを

「みっともない」「弱い」「情けない」と感じてしまう人が、日本人にはとても多いなと感じています。

日本人は(もちろん全員ではありませんが)、問題が起きたときに

他人に迷惑をかけないよう、自分の力でまずは解決できるかトライしてみる人が

とても多いと思います。

だから、弱音を吐くことも、辛い気持ちを言葉にすることも、すごく苦手な人が多い!

そんなときは、無理に誰かに話をしなくてもいいと思います。

 

シャワーで大声で泣いたり

部屋に閉じこもってクッションをぶん殴ったり(笑)

大声で喚いて身体中でその気持ちを表現したり

 

こんな風に一人でも十分に「吐き出す」ことができます。

溜め込むと、どんどんその感情が強くなったり、その原因(ここでは「予期せぬ別れ」)にますます意識が向いてしまいます。

ですから、居心地の悪い感情を吐き出したら、そのあとはもう考えないようにする!

大好きなことをしたり、甘えられる友人に会ったり、自分へのご褒美タイムをたっぷりとって次の日までは考えない!ことを意識的にしてみるのがおすすめです。

 

恨めしい気持ちを手放すには「許す」こと

こんなエピソードがあります。

何もかもがタイプで、本当に想像していた「理想の彼」が現実になった

素敵な恋人がいる女性。

2人は本当に仲が良く、誰もが羨むカップルでした。

けれど、ある日突然彼が彼女に別れを告げました。

「今は一人に縛られたくない。」

というのがその理由。

彼女は彼にとても愛されていると思っていて、別れを告げられた理由が理解できず

とても傷つき、自信を失ってしまったのです。

彼女は彼とどうしても一緒にいたくて、少し時間をあげるから。

待っているから、気持ちが変わったら連絡してね。と彼に言いました。

でも次の日、その「いつか」はいつ来るのだろうと

彼にメッセージをします。

お察しの通り、日に日に面倒な女性になっていく彼女に、彼はますます愛想をつかしてしまいましたし、彼女は彼女で彼に対する恨めしい気持ちが湧いてきます。

 

私をその気にさせておいて。

最初から複数の女性と付き合っていたに違いない。

中途半端な気持ちで私と一緒にいたなんて。

 

でも、それはこの状況だから思うことであって、幸せな気持ちで一緒にいたときには

考えもしなかったこと。

自分の意志で相手を選んで一緒に過ごしていたのですし、気持ちが離れてしまったのは仕方がないこと。そう、冷たいようなのですけれど、本当に仕方のないことなのです。相手の気持ちはコントロールできないものだから。

むしろ彼はとても正直で、素敵な彼女を弄びたくなかったから、こういう決断をしたのですよね。

もちろんその渦中にいるときは、こんな風に冷静に考えられなくてもいいと思います。

けれど、恨めしい気持ちをいつまでも抱えているのは、あなたの心にとってヘルシーなことではないし、次の素敵な出会いへの障害物です。

恨めしい気持ちを手放し、相手を許すためにすぐにできるのは

一緒に過ごすことで得られたことや得られたものを思い出すこと。

一緒に過ごした幸せな時間を感謝するだけでも、許しに大きく近づくはずです。

 

終わりではなく、始まり!

突然の別れは、その相手との関係の終わりではあるけれど、あなたのこれからの恋愛や結婚

そしてパートナーシップの全ての終わりではありません。

また素敵なパートナーに出会い、幸せな時間をすごすためのスタートラインにたったのです。

相手と過ごした幸せな時間に感謝をして許すことと同時に、もしも「実は嫌いだったこと」があれば、それを書き出して、次のパートナーでは「絶対ここは譲れない!」というあなたの理想のパートナーリストを更新し、素敵な出会いに備えるチャンスでもあるのです。

 

セルフエスティーム(自己肯定感)を磨こう!

大切な人に予期せぬ別れを告げられると、セルフエスティームに大きく影響します。

 

やっぱり私なんて愛されないんだ。

愛されるのにふさわしくないんだ。

私には、魅力がないんだ。

私のような女性ではなく、○○さんのような女性がいいんだ

 

こんな風に、セルフイメージや、自分自身の評価を下げる原因になってしまうからです。

だからこそ、意識して磨きましょう。

特定の人とお付き合いしている間、もしかしたらちょっと気がゆるんでセルフケアをサボっていたかもしれません。

シングルであることの最高の賜物は、自分の時間を好きなように使えること。

頭の先から足の先まで自分に対して愛おしい気持ちを感じながら、どうぞケアしてください。

 

ピカピカにお手入れされているあなたは、もっともっと愛される価値があるということを

ご自分の心の底から感じることができるはずです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

別れは誰にとっても悲しく、辛いものですが、できるだけ軽やかに乗り越えるためのヒントをご紹介しました。

ヒントをお話するのはとても簡単なことで、これを実践するのがとても大変。

人それぞれ、現実を受け止めて次に進んでいくために必要な「消化期間」は違うと思いますが、この先も、素敵なパートナーに出会って素敵な恋愛や結婚をして、理想のパートナーシップを築いていきたいあなたは、必ずこの壁を乗り越えられるのです。

執筆:ラブコーチ おちさぎり
自分らしく幸せなパートナーシップを叶えるために自己肯定感とコミュニケーション(ラブライフを含む)にフォーカスしたサポートをしています。
ヨーロッパで一番実績のある不妊治療クリニックで300名以上の女性をケアした経験と知識を生かし「オトナの女性の性教育」をウェビナーなどで配信。

オトナの女性は絶対に知っておきたいカラダのことはもちろん女性がカラダへのコンプレックスを解消し、自分を丸ごと大切にする気持ちを育て豊かなラブライフ&幸せなパートナーシップを叶えるためのオンラインコンテンツもまもなく配信予定。

【公式ウェブサイト】https://sagiriochi.com/

【公式ブログ】https://sagiriochi.com/blog/

【無料ニュースレター登録】https://sagiriochi.com/newsletter/

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト情報をキャッチ

Push7でプッシュ通知を受け取る:


FeedlyでRSS購読をする:

SNS:
     

プッシュ通知やRSSについてはこちらをご覧下さい

アモーレ大学記事ランキング

最近チェックした記事

まだありません

QRコード

このQRコードで当サイトTOPページが見れます

アーカイブ

最近のコメント

    2018年12月
    « 11月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
    ページ上部へ戻る